展示会・イベント

平山りえのキャンドル個展、グループ展のお知らせやその模様です。

個展「喝采」について(3)

さて、2回にわたって、
おもーい解説をしてきました。
今日は、軽めにw
 
IMG_5919
 
お部屋が明るいときの
1つ目にご紹介したほうの
「喝采」ステージの様子です。

 

明るくするとイメージ違います。
 
中央の板もロウです。
2mくらいあるかな。
 
IMG_5896
 
本当はもう少し「喝采」な感じに
したかった部分があるのです。
 
ちょっと遠慮してますね。。。
明日、時間を見つけて
やろうかなー。
 
今更だけど、
面白いと思ったら
やってみたほうが良い。
 

個展「喝采」について(2)

今日は、2つ目のステージについて書きます。
 
IMG_6034
 
こちらのステージは、これだけ。
台の上に白いドレスのキャンドルと、枯れゆく赤い牡丹が。
下には水たまりに群がる蝶々たちがいます。

 

moka-9

(photo by T.Nakanishi)
 
この白いキャンドルのタイトルも「喝采」です。
称賛を浴びている白い華々しい姿。
たくさんの想いや真心の中、美しく舞っています。
 
これは両方のステージに共通なのですが、『喝采』とは小さなエネルギーが集まって上に向かって沸き立つようなイメージを表現しました。

 

12895271_715308025273025_958493095_n

(photo by 藤介)
 
しかしその足元には、捨ててきたもの犠牲にしてきたものがあります。
落ちて枯れゆく牡丹はその象徴です。
 
そして足元の水たまりに群がる蝶々たち。
きれいで優雅に見える蝶々も地べたの汚い水を飲む、称賛の陰にいるものたちです。
 
12421850_715308008606360_743487713_n

(photo by 藤介)
 
このイメージは、2年前、バタフライパーク(温室に蝶を何羽も放している場所)に行った時のこと。
 
きれいな羽の蝶々たちが舞う中、下の方に真っ青に光る群れを見つけました。
写真を撮ろうと近づいたのですが、逃げることもなくコンクリートの道にたまった水たまりに群がっていました。
 
その姿がなんとも汚らわしくて嫌悪感を持ちました。
美しい羽で優雅に舞う蝶も、汚い水たまりの水を飲んでいる虫なんだなと感じたからです。
私が同時に感じた相反する感覚「憧れと嫌悪」は、一言でいうとエロティックなのだと思います。
 
これ、女性にわかるかなぁ。。。
私も女だけど(笑)
(注:個展のテーマとは関係ありませんw)
 

面白いことに、男性はこちらの「喝采」ステージでの滞在時間が長いのに対し、女性はもう片方のステージでの滞在時間が長いです。
女性の中には、こちらのステージは素通りする方もいらっしゃいます。

 

男性に言わせると白いドレスの「喝采」キャンドルも、すごくエロティックなのだそうです。
これはこれ以上言わないことにします(*’ω’*)
 
IMG_5994

 

個展「喝采」について(1)

個展ももう3日目が終わりました。
今回は、「喝采」というタイトル。
こちらのギャラリーは、つながってはいるけど2つの部屋があります。
そこで、2つの喝采を作ることにしました。

 
まずは、電気を消した1つ目の喝采ステージの写真から。

 
IMG_5971

 
今回は、点灯するものを多くしました。
1つ目の部屋では、素直に喝采を表現しようと思ったので、わぁっと盛り上がるような感じにしたいと。

 

 

中央にあるのは牡丹の花。
前回の個展は、狂おしい恋心がテーマだったので、白から赤に染まっていく大きなダリアの花でしたが、今回は牡丹です。

 
IMG_5949

 
あれは、タイトルも何も決めていないころのこと。

 
朝起きて、「ねむい~、今日もやらねば~~」と思って寝間着のまま…若干むくんだスッピンのまま…ボサボサ髪のまま…、要はとっても不細工な状態でトイレへ。
そのとき目に入った一輪の鮮やかな深紅の牡丹。(笑い話じゃないよ!)

 
その牡丹は見事に「咲き誇って」いました。
あふれる美しさが目に入るや否や、時間とともに萎れるであろう焦燥感が私にはすぐに浮かびましたが、そんなことを微塵も感じていないように、その牡丹は咲き誇っていました。

 
人にもこういう瞬間ってあるよなーと、生活感丸出しのブサ状態の平山りえは、しばらくトイレで放心していました。

 
 
それが「喝采」のイメージにつながりました。

 
IMG_5878

 
ブサ状態の私も咲き誇る瞬間があります。
個展は当にそうです。
祝福と称賛に包まれ、私も今までの作品を自信をもって公開しています。

 
1のステージの喝采は、称賛と、それを取り巻く日常のいろいろな物事です。
本当は、本物以上にはなれないので、花キャンドルを作るのも好きではありませんが、あるテーマを表現するための一部のツールとしては非常に有効だと思うので、あえていつもチャレンジしています。
 
明日は、2のステージの喝采について書いてみますー。

 

個展の搬入完了♪

ギャラリーに搬入してきました。
いろいろ書きたいことはあったのですが、
作品作りでいっぱいいっぱいで
搬入日になってしまいました。

 

いつもながら、搬入日は
会場の広さに圧倒され、
この空間を一人で埋められる
のだろうかと不安と焦燥感にかられます。

 

展示を見に行ったり、
打合せに行ったりするときはいつも
作家さんの作品があるので、
搬入の時のように何もない状態を見るとビビります。

 
その割にはドヤ顔・・・。
(まだ箱から出しただけなのに)

 

12512383_984979474931561_2643600319007649763_n
 
無事にちゃんと埋まりました(汗)
作品写真は初日の明日から載せます☆
 
講師コースの生徒さんには、
もっと展示会のこと、
独自の世界観を持つこと、
新作作りのことなど、
もっともっと伝えていきたいなぁというのが私の講師としての目標です。
 
ちゃんとカリキュラムとしてできるようにしたいなぁと。
 
ぃや、個展だからって
「喝采」とか「称賛の足元云々~~~」
とか小難しいこと言わなくてもいいんですけど(笑)
 
私の作品は、
「もっと年配の方が作ってるのかと思った」
といわれます。
 
かわいいものよりも色気を感じるもの、
見た目そのままよりも
色々なストーリーを感じられるもの、
そういうものに惹かれます。
 
そういえば、25歳の時の
詳しい心理テスト(?)で
精神年齢が42歳だったので、
今は50歳をとっくに超えている頃か・・も・・・(‘◇’)ゞ

 

個展作品が出来てきました

お茶席用、茶筅キャンドルです!

IMG_6253[1]

 

なーんちって。

 

昨日は、DM用の花が気に入らない
という話を書きましたが、
そのリベンジ作品です(笑)

 

IMG_6262[1]

 

そう、枯れゆく牡丹の「しべ」の
部分だったのです。

 

美しく咲く牡丹は
人を圧倒させるほどの魅力ですが、
少し枯れてきた牡丹は
なかなか色気があるものです。

 

こちらに、もう少しテーマに沿った感じの
可能性をプラスしてみたいと思っています。

 

一つ一つの作品の紹介や
作品に込めた思いも
またご紹介しますね。

 

2016個展DMができました

2016年は、広島県の福山でのみ
個展となります。

 

DMが仕上がりました。
ご入用の方は、フォームにその旨を
お書きいただきお送りくださいませ。

 

”ʼnºŒ´”Տc

 

このDM用の花、
気に入っていません。。。

 

風邪でひぃひぃ言いながら
やっと作ったので
ぶっつけ本番のを持っていきました(涙)

 

個展用作品では、リベンジしています。
それはまた後日アップします。

 

平山りえ個展
 
『喝采』
平山りえキャンドル作品展
 
2016年3月19日(土)~3月31日(木)
会期中無休・11:00~18:00
 
喝采を浴びるとき。
その背景には光と影あり。
その人の、人となりや生き方があるでしょう。
このたびの灯りの個展は、それがテーマです。
称賛の根元にある多くの犠牲や真心を感じて・・・・・。
 

個展まで3週間

個展まであと3週間。
 
タイトルは半年前に決め、
内容は先週考え、
風邪と闘いながらDM作品が完成。
やっと印刷にかかり、
作品の製作に入りました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 

 
いつもながら・・・おそ。
恋愛もなかなか本気になりませんが
製作もしぶとく火が付きませんw
 
今回のテーマですが、重いです。
DM用に文章にしたけど、
本当に表現できるんだろうか・・・
と不安になり、しばらく送れませんでした。
 
P2221495

(↑平面でマーブルを作る技法はアンティーク講座で教えています)
 
私にとって
講師という作業は、
外へ向かって
未来を見る作業です。
 
作品作りは、
内面に向かう作業です。
自分の感じてきたことを思い起こす
過去へ向かう作業です。
 

またDMができたらお知らせします。
送付のご依頼は、お問い合わせフォームからお願いいたします。
 

デパート催事とグループ展の活動歴

過去三年間のデパートさんでの催事、
グループ展をまとめました。

 

グループ展はDMがありますが、
催事はDMがないので
様子がわかる写真を載せています☆

 

こうやってみると・・・
がんばってきたんだなぁ~と
しみじみ思うものですね。

———————————

 

*** 2015年 ***

 

6/24~7/7 『暮らしを贈るお中元』
伊勢丹新宿本館5階

ura02

 

5/27〜6/2 「涼・夏の彩り」
銀座三越8階 ジャパンエディション
11329921_1161871650505837_7374706715224106383_n

 

12/9~15 「X’masステーション」
JR京都伊勢丹8F

 

12/9~15 「迎春、ハレの日」
日本橋三越本店5F

 

11/11~17 「14名のアーティストによるパーティ de ノエル」
伊勢丹新宿本館5階

16165161

 

8/26~9/1 『 iichi CRAFTS MARKET 』
広島三越 7F

IMG_4865

 

 

5/5~11 「母の日の催事」
松山三越5階

 

5/8~17 二人展【花がたり】
山崎葉(ガラス)×平山りえ(キャンドル)
大黒ギャラリーくわみつ

11129717_619124488223784_2539030558695161086_o

S__32890882

 

 

*** 2014年 ***

 

 

12/17~25 「クリスマスキャンドル」
天満屋福山店5階

10887410_1052462388113431_4359492036051427373_o

 

11/19~12/8 二人展「艶」
倉敷庭苑koba2階

IMG_3125 (2)

 

11/5~18 「Artist20名によるクリスマスの集い」
伊勢丹新宿・本館5F

2014伊勢丹クリスマス絵柄面7もと

伊勢丹クリスマス宛名面

 

11/15・16 「天満屋外商催事」
福山ビッグローズ

IMG_2112

 

7/26~8/10 グループ展【愛しき金魚展】
大黒ギャラリーくわみつ

10492393_485412804928287_6355391065866983546_n

 

4/19~29 「母の日」
伊勢丹新宿5階

 

4/19~29 「母の日」
日本橋三越本店5階

 

1/3~3/3 「桃の節句」
日本橋三越本店

P4252336

 

*** 2013年 ***

 

5/8~17 グループ展【キャンドルとガラスの灯り】展
大黒ギャラリーくわみつ

1382118_362844883851747_1029361014_n

IMG_1034

 

11/6~12 「HANDMADE CHRISTMAS」展
伊勢丹新宿

600876_537626826326130_31480051_n download

 

11/16~28 「光のクリスマス」展
銀座三越

11351

 

11/22~12/3 「ヒカリ with 10 Artists」
日本橋三越本店

mitsukoshidm02

 

6/19~25 個展「スローな暮らしの夏あかり」展
岡山天満屋本店

P6220029

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

最後までご覧くださりありがとうございます☆

 

もしお教室や展示会でお会いしたら、
たくさん失敗談や苦労話もあるので
気軽に聞いてみてくださいね(^^)

 

キャンドルデザイナー
平山りえ

 

夏祭りの灯り

2015.7.25
岡山県内の神社にて、坂道の100mくらいの参道と60段の階段に、人々の道案内のための灯として夏の夜道を照らしました。

花火大会の日に合わせて夏祭りをしようという、今年初めての企画でした。

IMG_5653

 

初となる今年は、単純に夏の灯りがテーマ。

IMG_5694
神社の紋と、将来、竹林にして誰でも気軽に来てもらいたいと語っておられた神主さんの夢をランタンに。
それに合わせて赤い小さな灯りをところどころにちりばめました。

IMG_5639

 

地域への想いを語り合ったこと、この夏の灯りの素敵な思い出です。 IMG_5684